スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走になると風呂がわく #3

俺の住む三階建ての一軒家のとなりには老夫婦が住んでいる。夫も妻も65歳はこえているだろう。彼らが、きわめて悠々自適な生活をしていることに俺は内心むかついていた。

家の前にはたくさんの鉢植えがあり、季節になると色とりどりの植物が花を咲かせる。家にいる時は、大音量でジャズを聴いたり映画を観たりしているらしく、地響きのような音が近所じゅうに響きわたる。暇さえあれば、夫婦で自動車を運転して旅行に出かけているので一年の半分は留守である。ほとんど仕事もしていないようで、まさに悠々自適な生活と言っていい。仕事に追われ、デスクワークで背中の凝りが消えない身としては、うらやましくてヘドが出そうだ。

先週の水曜日に旧友の向井秋竹がふらりと遊びにきた時に、そんなドス黒い気持ちをぶちまけてしまって不快な思いをさせてしまった。俺は一週間後の今日になってもまだ思い出すたび後悔の念に身をよじっているところである。あの日、向井が手みやげに持ってきたウィスキーに脳髄をやられてしまったのも原因の一つだから、責任はやつにもあるはずだ。だいたい昼間に仕事中の友人宅を訪ねる折、アルコール飲料を持ち込むとはキチガイ沙汰である。

「だいたいなぁ、俺はあのじじいが他人に敬語を使ってるところを見たことがないんだよ。世界中の人間を見下してるんだよあいつは。総理大臣にだってタメ口きくだろうな」

「それは、それですごいけど…」

「だいたいだなぁ、あいつの使ってる石鹸だかシャンプーだかがまた臭いんだよ!」

俺は酔うと「だいたいなぁ」とか「だいたいだなぁ」をよく使うらしい。それは自分でも気づいているのだが酒が入るとどうでもよくなってしまうのだ。そのぶん普段は、無意識のうちに極力使わないように努めているようで、日常ほとんど口から出たことがない。だいたい「だいたいなぁ」というフレーズは、怒りをあらわにする時に抜群に使用頻度が高まる語であり、ふだん日常的に怒りをおもてに出さないタイプの俺は、使うことがないのである。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。